iPhoneを使っているとそのうち必ず機種変更をすると思いますが、機種変更した後に残ったiPhoneってどうしていますか?
最近であれば機種変更やMNPの際にキャリアの下取りサービスに出すというのが多いかもしれませんね。
他にも携帯電話の買取を行っている業者がいますので、そちらに売りに出すというのも考えられます。

それ以外だとメルカリやフリルなどのフリマアプリやヤフオクなどのオークションサイトで、個人相手に売る人もいますよね。

どのくらいの利益になるかはだいたいこんな感じになります。
フリマアプリ、ヤフオク>買取業者≧キャリア下取り

iPhoneのシリーズや機種の状態によって若干変わりますが、基本的には自分で出品して個人に売る方がたくさんの現金が手元に残ります。
でも手間がかかる度合だと真逆になります。

キャリア下取り≧買取業者>フリマアプリ、ヤフオク

人によってどこに売るのがいいのかは分かれますが、今回の記事ではiPhoneを売る時や売る前にやっておくべきことをご紹介します。
この記事を読んでおけば、変なトラブルに巻き込まれることもほぼなくなりますし、スムーズに余っているiPhoneを手放すことができます。
また状況によってはちょっとしたことをしておくだけで、高く売れたりするのでそれも併せてお教えしましょう。

ではまずどこに売るのがいいのかメリット、デメリットで比較しながら書いていきます。

どこに売るのがいいの?

キャリアの下取り

メリット
キャリアの下取りに出す場合はまず手間がかからないのはかなり大きなメリットです。
オンラインで機種変更する場合でも郵送するだけでいいので、機種変更をする流れで下取りを一緒に行えます。

店頭でやる場合はとくに難しいことやわからないことは、店員さんがだいたい教えてくれるのでなにも考えなくてもOKで煩わしさが全くないんです。

また機種によってはかなりお得な下取り金額が設定されています。
例えばiPhone6 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plusは故障や不具合がなければすべて10,000円(記事執筆時点)で下取り可能です。
容量も同じなので、この場合はiPhone6 Plusであればかなりお得になります。
端末本体にキズなどがある状態であれば、ぶっちゃけフリマアプリやヤフオクを利用するのとほとんど変わらなかったりします。

デメリット
逆にiPhone6s Plusで容量が128GBあれば下取り金額はiPhone6 PlusやiPhone6sと同額なので損になります。
iPhoneのシリーズや容量によっては大きなデメリットです。

あとは現金で支給されるわけではなく、月々の機種代金や携帯料金を割り引くという形で特典付与されます。
現金が欲しい場合はキャリアの下取りは使用しない方がいいでしょう。

買取業者

メリット
買取業者にiPhoneを売る場合はキャリアの下取り同様、初期化の方法などを教えてもらえます。
そういうのが苦手な人からするとメリットになります。

またキャリアの下取りよりも買取金額が高額になる場合があるので、なるべく高く売りたい人も検討の余地があります。
あとはすぐに現金化できるのも良いですよね。

デメリット
買取業者の数はかなり多く、だいたいの相場は似通っていますが、店舗によってはかなり安くされる可能性もあります。
それと同時に極力高い金額で売却しようとすると、複数の買取業者に問い合わせる手間がかかり、無駄な時間を過ごしてしまうかもしれません。

1日かけていろいろな買取業者を周り、「もっとも高いところで買い取ってもらえた。やったー!でも最初に行った携帯買取店から数千円しか変わらない買取金額だった」なんてのは珍しくありません。

たった2、3,000円のためにそんなに労力かけたくないって人はおすすめしません。
あとは細かくチェックされるので、状態不良や不具合に厳しいのもデメリットです。

フリマアプリ、ヤフオク

メリット
最大のメリットは高い金額で売却できることです。
わざわざ外に出歩かずに、家にいながら出品できるのもメリットですね。

デメリット
端末代金の分割金が残っているiPhoneだと規約違反で出品できない場合があります。
あとはすべて自分で作業を行うので手間がかかります。

不慣れな人であれば、初期化や検品すらめんどくさいですよね。
それに売った端末に不具合があれば返品対応もする必要がありますし、購入者とのトラブルが発生するかもしれません。

トラブルはまじで厄介です。
ぼくもWEB上でCtoCの売買をしますが、本当に頭のおかしい人や会話ができない人、クレーマーのような人も少なくありません。

ただ慣れてしまえば全然苦ではないので、フリマアプリやヤフオクで売るのはおすすめです。

iPhoneを売る時、売る前にやっておくべきこと

基本的にどこに売る場合も初期化をする必要があるので、まずはそこの説明をしておきます。
当たり前ですが、初期化はiPhone内のバックアップを取ったり、データの移行が済んだ後に行います。

  1. Apple IDを外す。
    「設定」→「Apple ID(iCloud)→「サインアウト」」
  2. すべてのデータを削除する。
    「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」

初期化はこれでOKです。

自分で売る場合は端末に問題がないか以下のチェックリストを参考に自身で検品を行ってください。

  • スリープボタン、サイレントスイッチ、ボリュームキー、ホームボタンなどの物理キーの反応
  • タッチ操作、3D Touchの反応
  • Face ID(顔認証)、Touch ID(指紋認証)の反応
  • 受話スピーカー、通常スピーカー、マイクの反応
  • アウトカメラ、インカメラの映り
  • ライト
  • GPS
  • バッテリーの状態(iPhone6、iOS 11.3以降
  • 液晶、有機ELのディスプレイ不良
  • Wi-Fiの接続
  • SIMカードの認識
  • ネットワーク利用制限
  • 画面の割れ、浮き
  • 端末全体の傷の程度


ネットワーク利用制限はざっくり説明すると端末の分割金が残っているかどうかの判定です。

こちらに各端末に割り振られているIMEIという15桁の数字を入力するとキャリアステータスが確認できます。
iPhoneの場合は設定から確認するか、背面、SIMトレイから確認できます。
Androidスマホの場合も設定から確認できるほか、背面もしくはSIMスロットのラベルに記載があります。

ネットワーク利用制限で表示される記号でキャリアステータスがわかります。

  • 「〇」・・・ネットワーク利用制限の対象ではない
  • 「△」・・・ネットワーク利用中ではない
  • 「×」・・・ネットワーク利用制限中
  • 「―」・・・製造番号が確認できないが、ネットワーク利用制限中ではない

詳細はこちらの記事に書いています。

iPhoneやAndroidスマホが赤ロムに!ネットワーク利用制限がかかったら解除できる?

最後に買取業者やフリマアプリ、ヤフオクで売却する場合にやっておいた方が高く売れる方法もあるので、そちらも載せておきます。

iPhoneを高く売るためにやっておくべきこと

付属品を揃える

もう忘れているかもしれませんが、iPhoneは最初に箱と付属品も一緒についてきます。
使っていなくて家に余っているのならそちらもセットで一緒に売った方が高く売れます。

SIMロック解除

基本的にキャリアのiPhoneには自社の回線でしか使えないようにSIMロック解除がかけられています。
一括で購入しているか解除するiPhoneの契約から100日経過していると、どこの回線でも使用できるためのSIMロック解除が行えるようになっています。

この手続きを行っていると思った以上に高い金額で売れたりします。
ちなみにiPhone6以前はできません。

キャリアショップ店頭とWEB上からSIMロック解除は行えますが、店頭で依頼すると3,240円かかるのでWEB上から自分で解除しましょう。
自分でやると無料です。

Appleの修理を利用

Appleには2つ保証があり、通常の1年間保証とAppleCare+という2年間の保証があります。
キャリアを通している場合は気付かないうちに申し込んでいる場合があるので、もしかしたら知らずに加入しているかもしれません。

AppleCare+は自分の過失による故障でも対象になるので、画面割れも低価格で修理してくれます。
また電池もパフォーマンスが80%を下回っている場合は無償でバッテリー交換をしてくれるので、そちらを利用しましょう。

AppleCare+に加入していなくても、保証が残っていれば過失でない故障であれば無料で対応してくれます。
例えばマイクが反応しないとか液晶ディスプレイにホワイトスポット(白い点)などですね。

iPhoneに故障やバッテリーの劣化がある場合は、売ってしまう前に是非保証を利用しておきましょう。

保証が残っているかどうかはAppleのサイトで確認できます。
Apple製品の保証状況の確認

注意
紛失保証に加入している場合は売却後、紛失したと虚偽報告すれば新しいiPhoneが低価格でもらえますがこれは犯罪です。
前のiPhoneは使えなくなるし、キャリアにばれた場合は何十万円と請求された事例があります。

この記事を読んでいる人はそんな保証の悪用をする人はいないと思いますが、最悪捕まりますのでまじでやめておきましょうね。

まとめ

不要になったiPhoneはできることなら高くで売りたい思う人は多いでしょう。

逆に「売れたらどこでもいいよ」って思う人もいるかもしれませんが、やはり個人的におすすめはフリマアプリやヤフオクです。
個人で売る場合はいろいろなトラブルが発生するリスクもありますが、それ自体も楽しいものです。

サービス自体が便利になって、簡略化されて便利になっていますが、中には良い人もたくさんいますしとても感謝されたりといった嬉しいこともあります。
あとはなにより、そういったサービスを利用したことがないのであれば、新たに利用してみるというのも良いものです。

不要になったものも捨てる以外の使い道がありますからね。
あなたのいらないものが誰かの役に立つかもしれません。