iPhoneで動画を見るといえば、やはりYoutubeが多いのではないでしょうか。
比較的にコンパクトな動画が多いので、ちょっと空いた時間に再生するなどで利用できるシーンが多いと思います。
Youtube自体がそこまで重くないのも理由の一つですよね。

ただ動画って結構実時間がかかってしまうので、通勤時間や出先で閲覧するというのは少なくないと思います。
そういったときにモバイルデータ通信で閲覧し続けると、月末に速度制限がかかってしまうパターンも結構あるんですよね。

そこで動画を保存しておいておけば、Wi-Fi環境がなくても速度制限を気にせずに動画が見放題になります。
例え圏外であっても閲覧可能なので、飛行機に乗っているときだって自由に再生できます。
Youtuberの動画なども外出先で閲覧する場合は、保存しておいてオフラインで見たほうがデータ通信量も抑えられますしね。

ただiPhoneって通常はYoutubeをダウンロードできないですよね。
ダウンロードして保存するにはどんなアプリがあるのでしょうか。

Youtubeの動画をダウンロードして保存するアプリ

ClipboxがAppストアから消えてダウンロードできなくなってる!」でも書きましたが、以前はYoutubeの動画をダウンロードするならこのアプリというくらいお馴染みの「Clipbox」。
しかし現在は「Clipbox+」というアプリに変更されており、「+」と付くもののYoutubeはダウンロードできない仕様になっています。

Youtubeの動画を保存できないとなると困りますよね。
そこで今回はこのアプリをおすすめします。

まずひとつめはこちらです。

Mixdata
「Clipbox」と使い方やアプリデザインがほとんど同じアプリで、「Clipbox」のように使いたいのであればおすすめです。
てかびっくりするくらい似ているので、ダウンロードできなかった人はぜひどうぞ。
使い方やダウンロード方法など詳細はこちらの記事に書いています。

Mixdataの使い方、Youtube動画のダウンロード方法!Clipboxの代用!

ただ最近「Clipbox」や「Mixdata」では端末のバッテリー消費がえぐいです。
できるのかは不明ですが、アプリ内で別の処理を行っている可能性も考えられる(そのくらい減り早い)ので、バッテリーの消費を抑えたい人や電池を劣化させたくない人は別のアプリをおすすめします。

もうひとつのおすすめアプリがこちら。

動画保存アプリ – 動画コンテナ & 動画再生

好き嫌いはあると思いますし、Clipboxユーザーからすると慣れ親しんだ「Clipbox」の方がいいかもしれませんが、こちらは動画の編集もできるので使い方次第ではこちらの方が便利だと思います。
Youtubeのダウンロードもすごく簡単なので、そのままアプリをインストールして使ってみてもいいと思いますが、一応使い方をこの記事でも説明しておこうと思います。

「動画保存アプリ-動画コンテナ & 動画再生」の使い方

  1. アプリを開いて、まず赤矢印のブラウザをタップ。
  2. ブラウザをタップするとそのままYoutubeへのリンクになっていて、今回は青枠のGoogle Pixelの動画を試しにダウンロードするので動画をタップ。
  3. 自動的に再生され、画面下に「キャンセル」と「Download」が出るので、「Download」をタップするとダウンロードが始まります。
     このときに広告が表示される場合があるので、画面端に出てくる「×」マーク(それ以外のときもあるので画像参照)をタップして消してください。

以上でダウンロードは完了です。
ダウンロードした動画は画面下部の「オフライン」(ブラウザの左)に入っています。
ここで再生や編集ができます。

ファイルサイズが大きかったり、通信環境があまりよくないとダウンロードに時間がかかります。

動画保存アプリの編集の方法

不要かもしれませんが、編集方法も記載しておきます。
ダウンロードして保存されている動画はすべてオフラインに入っているので、オフラインをタップします。


先ほどダウンロードしたGoogle Pixelの動画が保存されているのでその動画をタップすると各項目が出てきます。
英語をそのまま翻訳しているんのでちょっと変な単語になっていますが以下の通りです。

  • 遊ぶ→再生
  • 輸出する→移動、送信
  • トリム→動画冒頭(0:00)から指定した範囲までを削除
  • カット→指定した範囲を削除
  • 削除→削除

バックグラウンド再生

バックグラウンドで再生するには動画保存アプリでダウンロードした動画ファイルを音声ファイルにする必要があります。
残念ながらこのアプリで動画ファイルの拡張子の変更ができません。

そこで「輸出する」で「Clipbox+」に移して、移した後に拡張子を「mp4」→「m4a」と書き換えます。
(実際に試したときは動画タイトルがぐちゃぐちゃになり、拡張子のみの変更が行えなかったので下の画像の通りファイル名を「test.m4a」とすればいけました。)

ここで「Clipbox+」を活用できるのかって感じですね!

他のアプリでバックグラウンド再生

任意の動画再生アプリを使用すれば、ダウンロードしたファイルをそのままバックグラウンド再生や音声として再生できます。
どれでもいいと思うんですが、比較的に評価がよく動画のままバックグラウンド再生ができたアプリはこちら。


OPlayer Lite

アプリのダウンロードが完了したら動画保存アプリの「輸出する」で「OPlayer Lite」を選択してください。


「OPlayer Lite」内でプレイリストなどを作成できるので結構便利ですよ。
幅広いファイル形式にも対応していて、無料とは思えない優良アプリです。
もちろん速度調整(0.1x~4.0x)もできます。

Youtube以外はダウンロードできるの?

基本的に「Download」の項目が出ればダウンロードできるようですが、タップしてもダウンロードされないサイトはダウンロードできないサイトにしています。
またサイト内にMP4ファイルが貼り付けてある場合も、自動で「Download」の項目が出てダウンロードできます。

主要な動画サイトで試してみた結果、以下のような感じです。

ダウンロードできるサイト

  • Dailymotion
  • B9
  • My Video
  • 新浪頻視(sina video)

ダウンロードできないサイト

  • ニコニコ動画
  • veoh
  • 优酷(youku)
  • パンドラTV

FC2動画は無理でしたが、例えばひまわり動画で動画元がFC2の場合はダウンロードできたりします(よくわからん)。
また時間があるときに他のサイトでも試してみて、追記しようと思います。

まとめ

Youtubeがダウンロードできるアプリって意外と多くなくて、今回のアプリももしかしたらそのうち使えなくなるかもしれないんですけど、ひとまずYoutube動画をiPhoneで保存する場合はこちらのアプリを使ってみて下さい。
個人的に編集ができるのはありがたいし、アプリ間の移動や他のユーザーへの送信が比較的に簡単にできるのも良いと思います。

私はどちらかというと動画はあまり見なくて、音声だけ聞く習慣があるのですが、この「動画保存アプリ」と「Clipbox̟+」組み合わせは結構気に入っています。
ただ「Clipbox̟(+)」って再生途中で止めたりすると、停止位置リセットされたりするのがすごく嫌です、はい。
あと本当は設定からじゃなくて、動画や音声を再生中に速度調節できれば言うことないんですけどね。

でも無料なので、ありがたく使わせて頂きます。

Clipbox系のアプリが電池消費えげつないので、個人的には『動画保存アプリ – 動画コンテナ & 動画再生』と『OPlayer Lite』の組み合わせを推奨します。
バッテリーの減り方は1日持たないとかそんな優しいレベルではなく、機種によりますがぼくのiPhone SEでは30分間も再生すれば半分くらい持っていかれます。